テレクラ・ダイヤルQ2『じゃま~る』について考える

皆さんテレクラ・ダイヤルQ2『じゃま〜る』って知ってますか?
知ってる人にとっては懐かしいと思われるかもしれませんね。
知ってる人にとってはテレクラ・ダイヤルQ2『じゃま〜る』はある意味、テレクラ業界ではレジェンド的なものです。
そこで今回はテレクラ・ダイヤルQ2『じゃま〜る』について考えるスペースとすることにしました。
あまりよく知らないという人はココで勉強しておくと良いですよ!
いまでこそ出会い系サイトにとって代わられましたが、かつては個人の出会いの代名詞として、テレクラやダイヤルQ2、雑誌『じゃま〜る』が一世を風靡しました。
テレクラとダイヤルはともに電話をツールとした出会いの場を提供しましたが、それにより不特定多数の女性(男性)と出会える可能性が広がりました。
「出会い」をビジネスとして成功させたことで全国に広く展開され、多くのユーザーを獲得したのです。
しかし、これらには大きなデメリットがありました。
まず、待ち合わせをしてもすっぱかされることが少なくありません。
営業や接客業をしていたり、ナンパの経験がそこそこあったりする人ならば、打率が少し高くなる程度でした。
また、事前に相手の顔すら見ていないケースが多いことも問題でした。
姿の見えない匿名の相手が、自分の好みのタイプである確率は低いと言わざるを得ないでしょう。
また、援助交際目的のコールも多く、ちゃんと恋人として付き合える人を見つけるのは意外と難しいものでした。
次に雑誌『じゃま〜る』ですが、これは住宅情報誌と同じで、優良物件(条件の良い個人情報)には当然、希望者が集中します。
その結果、労多くして、レスポンスがそれほどでもないという事態に陥るのです。
手軽な携帯電話やパソコンの普及とともに『じゃま〜る』は一気に衰退し、テレクラやダイヤルCのユーザーは出会い系サイトにシフトしていくことになります。
とはいえ、出会い系サイトは実際に相手に会うまでにかなりの労力がかかります。
決してコストパフオーマンスが良い方法とはいえないでしょう。
ヤッパリなんだかんだ言っても、本気で出会いを探すならテレクラですよね!
無料でテレクラサイト公開中!のこのサイトでお金をかけずに使える照れくさいとを探してみましょう!

伝言ダイヤルと出会い系サイト

伝言ダイヤルというものをご存知の方はいらっしゃるでしょうか?
言葉程度であれば何となく覚えているという人もいるでしょうし、昔に利用したことがあるという人も居るかも知れませんね。

これは、電話を使って数十秒程度の伝言を残すことで異性と出会うというものです。
やり取りが出来る人を募集したり、個人ボックスなどを利用して特定の人とメッセージのやり取りをするようなものでした。
通話料金だけで利用できるものもありましたが、中にはダイヤルQ2などの回線を使っているものもあり、思うよりも利用料金が高くついたという事もあるようです。

今でも伝言ダイヤルというものは存在していますが、出会い系サイトが主流になった今となってはそちらのユーザーのほうが多いようです。
出会い系サイトですと、音声メッセージなどの機能はあまりありませんが、掲示板でのやり取りですとか個人間でのメッセージのやり取り・通話なども出来ますので、幅広くニーズに合わせたものをチョイスできます。
また、秒数制限などもありませんので伝えたい内容を最後まで話すことも出来ますよね。

料金的なものを考えても、トータルをして考えると伝言ダイヤルよりも経済的だという人も多くいるようです。

もちろん、伝言ダイヤルを利用しながら出会い系サイトを楽しむといったスタンスも良いとは思いますので、あくまで自分自身が楽しく出会いを求めていけるものを選ぶようにしてください。

どちらにせよ、料金体系などをしっかりと把握しておくことが大切です。

Staypressed theme by Themocracy